21日、「マヤ暦で世界最後の日と定義された」と一部で解釈されているこの日。中国では新興宗教集団「全能神」が同様に「人類が滅亡する」との終末論を流布しており、中国当局が一斉摘発を強化している。2012年12月21日、「マヤ暦で世界最後の日と定義された」と一部で解釈されているこの日。中国では新興宗教集団「全能神」が、同様に「人類が滅亡する」との終末論を流布しており、中国当局が一斉摘発を強化している。同団体は中国共産党を“赤い龍”と称してその打倒を試みているとも言われ、この日に何か具体的な行動を起こすのか、その動向を注視しているという。

【その他の写真】

中国紙・新京報など各主要メディアの報道では、公安当局は全国各地ですでに同団体の会員1000人近くを拘束している。

1990年代初頭に河南省で組織され、数々の変遷を重ねてきた「全能神」はキリスト教系の宗教組織であることを自称し、「チベット自治区以外の国内全省に拠点を持ち、会員数は数百万人に上る」と標ぼうしている。東京をはじめとした海外数カ所にも支部が存在するという。都市郊外や農村地区を中心に布教活動を行い、多くの会員が自殺したり、また殺人事件にかかわったりしたとして、中国当局は水面下で同団体をずっとマークしてきた。1995年までには、公安当局がカルト集団との認識を持っている。

同団体はある女性をキリストの転生としてあがめているが、実質的に団体を率いているのはこの女性ではなく、趙維山(ジャオ・ウェイシャン)という男性。1951年、黒龍江省の生まれで、もともとは米国の宗教団体「シャウターズ」の幹部。しかし、2001年には米国に政治亡命を申請している。なお、“女キリスト”と呼ばれる女性は趙氏の元愛人であると伝えられ、1990年に大学入試に失敗してから精神的な破たんをきたし、宗教にのめり込んでいったとされる。なお、同団体が“終末論”を唱え始めたのは今年に入ってからのこと。(翻訳・編集/愛玉)

※<本日の中国TOPニュース>では、中国の大手主要ポータルサイトによるニュースアクセスランキングから、注目の一記事をピックアップする。本記事は2012年12月21日付の中国大手ポータル・騰訊(Tencent)のランキング4位の記事。

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
全国「全能神」信者400人あまり、「世界が終末する」デマ散布で拘束―中国「中国で信教の自由が顕著に悪化」米国務省の年次報告で指摘―中国メディアダライ・ラマが「中国に暗殺される」、中国外交部「反論する価値もない」―中国メディア韓国の新興宗教・摂理、大学教員や医師などのメンバーを通じ信者を拡大―香港<調査>大学生のキリスト教信者が急増中、「宗教に興味」も65.5%―中国


http://news.livedoor.com/article/detail/7254943/
※この記事の著作権は配信元に帰属します


救済のUFO着陸? 「終末の日」避難スポット、ブラジル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121221-00000020-jij_afp-int




厳選したホットなニュースをお送りします。

それではまた次回をお楽しみに!

【PR】【糖尿病】たった3日で血糖値を下げる藤城式 糖尿病改善食事療法